オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年9月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
面談中

title 企業成長に必要な役員研修

役員研修とは、企業の上部に立つ人間が役割と責任を学ぶ研修です。
かつてその研修の多くは、大手企業で行われていましたが、近年、管理職研修や社員研修と共に中小企業でも行うようになってきました。

企業の成長には、社員一人ひとりの力も大切ですが、その社員を育成する立場である役員の能力により、結果は大きく左右します。成長を続ける企業の多くは、上に立つ役員の研修をしっかりと行っていることからも、研修の重要性は明らかです。
企業同士の競争が一層激しくなる今後、役員研修は必要不可欠です。

役員研修は異業種研究が増えてきます
役員研修は、同業種の情報を主とした内容から、他の関連する業種や異業種の情報を主とした研修にシフトが変わっていきます。

役員クラスとなると、企業内の組織人から、異業種の人たちとの交流や人脈拡大で活動することが増えてくるためです。そのために、他の業種間とのコミュニケーションが取れるような研修が必要になるのです。

例えば、英会話のヒアリング研修やコンピュータの現状と今後の動向などのような知識が必須科目となります。

交渉成立

title 社員研修のマスター法

社員研修のカリキュラムの中にロールプレイングを取り入れることがあります。
これは基本的なスキルをマスターさせるために効果があります。

座学の研修だけでは知識の習得だけでとなるので、実際に疑似を取り入れた演技を一人一人に行ってもらうものです。
社員研修などでは、電話のかけ方、受け取り方を実際の電話を置いて応対を行います。
管理職研修などでも、クレーム対応をお客と管理者を設定して、実際に演技を付けて行うものです。

会社でおこなわれる役員研修、管理職研修、社員研修等の研修
役員研修は定期的に役員に対しておこない、有名な講師を招いて講話をしてもらうのが多いです。
研修の内容は段階的に決まっていて、管理職研修であれば、マネジメントを中心にして、研修専門会社から講師を招いておこなうことが多いです。

また一般に社員研修と呼ばれるものは、新入社員として入社してからすぐにおこなわれる新人研修は社会人のマナー等の基本的なことを講義して、指導されます。
またこれとは別途として、昇進ではじめて役員になったり管理職になった人を対象にした研修もあります。

部下をまとめる

title 助成金が出ることも

企業が行う社員研修には、国の助成金がでる方法があります。
企業研修には社内の講師を選定して行うものと、社外から講師を招いておこなうものがあります。

しかし、社外から研修専門のコンサルタントを招きたくても、費用がかかるので躊躇っている企業もあります。
このため、国では一定の基準を設定して、返済の必要のない助成金で研修をさせることを奨励しております。
これに該当する研修としては、管理職研修や役員研修なども含まれます。

社員研修の役割
数年前の社員研修は新入社員への社会人としての基本的な振る舞いやビジネスマナー講習、中途社員であれば会社理念や組織構成といった講習を数回行うのみであった。

今では中間管理職や次世代の中核となるメンバーへの管理職研修や役員研修も定期的に行われている。

マザーズや上場している会社であれば、株主対応やコンプライアンス対応、危機管理マニュアルといった対外的な対応が必須とされており、研修に力を入れている企業であれば外部講師への委託も当たり前の時代となっている。